ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組み
ふるさと納税は、自治体に寄附をすることにより税金の控除が受けられる制度です。 大ざっぱには、「寄附をした分だけ税金が安くなる」というのが “ふるさと納税の仕組み” であるとも言えます。 ■自己負担額と税金控除額 寄附に対する実質的な自己負担額
ふるさと納税ワンストップ特例制度
ふるさと納税は、“寄附金について確定申告をする” ことにより税金の控除が受けられる制度です。 そして、このことが今までふるさと納税のハードルを高くしていた原因のひとつでもありました。 そこで、2015年4月に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とい
税金が安くなるのはいつからか
ふるさと納税は、自治体に寄附を行うことにより税金の控除が受けられる制度です。 言ってみれば、寄附をした分だけ(2,000円を差し引いて)節税になるということです。 節税になる税金は「所得税」と「住民税」ですが、それぞれの節税のタイミングやタイプ